キャッシングと身分確認

キャッシングの審査に必要な書類とは、本人確認のための身分証です。具体的には「運転免許証」や「健康保険証」などで、他に「給料明細」や「源泉徴収票」のような収入額を示す証拠の提示を求められる場合があります。法律の改正により、本人確認をしなければキャッシングの申込を行うことはできず、また、銀行系以外のキャッシング会社では収入の3分の1を超える金額の貸出に規制がかかるようになりました。
申し込みはホームページ上の専用フォームに、住所や氏名、年齢、勤務先などの情報を記入することで行われます。本人確認のために、入力をした電話番号に電話がかかってくる場合もあります。これは、本当に申込者が存在しており、また勤務先に勤めているかの確認をするためです。
キャッシングを行う前の審査の厳しさはかなりキャッシング会社ごとに差があり、同業他社の一つで断られても、別の会社では即日OKが出るということもよくあるようです。最近は職業によらず最初の審査は軽めに通す傾向があるので、それまでの借金履歴がなければ比較的誰でもすぐにキャッシングを行うことができます。
返済に遅滞があった場合には「ブラックリスト」と呼ばれる名簿に情報が記載されてしまいます。ここに一度掲載されてしまうと、次回以降他社でのキャッシング内容にもかなり規制がしかれてしまうので、借りた金銭については必ず期限内に返済するようにこころがけましょう。期限を守ればまたいつでも自由に利用ができます。