キャッシングの金利

キャッシングを行うときに、気になるのが金利です。金利とは、キャッシングをした金額の大きさにより個別に設定された金額が返済時に上乗せされるものです。そのため、多く金額を借りたりまた長い返済時期を設定することにより、この金利は徐々に大きくなってゆきます。
キャッシングを利用するときには、必ず事前にこの金利について説明を熟知し、返済プランに無理がないかを確かめてから行うようにしましょう。利息の計算方法とは「借りた金額×実質年率÷365日(1年)×借りた日数」です。実質年利はほとんどのキャッシング会社で法定金利となっているので、月々分割の返済方法であれば、各社でそれほど多く差がつくことはないでしょう。
問題は、リボルビング払いなどの各社個別の利息計算方法で利用をする場合です。リボルビング払いとは、借りた金額によらず月々の返済額を一定にするもので、返済時期は長くなる傾向はあるものの、無理のないプランで返済をしてゆくことができます。
現在銀行系キャッシング会社を中心に、このリボルビングによる返済方法が推奨される傾向にあります。確かに、大変便利な返済方法なのですが、大きな金額の場合は返済が長期に渡るようになっているため、そのぶん支払う利息の合計金額もかなり高めになる場合がほとんどです。無理なく返せる金額であるならば、分割にしておいた方が少ない利息で借りることができます。いずれにしてもキャッシングを利用する前には規約などきちんと読んでおきましょう。
銀行カードローン比較com