合理的な小児矯正

子どもの頃の話ですが、よく歯の矯正をしている友人がいました。
当時は、歯に何か器具をつけている、くらいにしか思わなかったのですが、いま思えば小児矯正だったんだとわかります。
子どもの頃の成長期に矯正を行うことは、大人に比べてやりやすいことは、想像に難くありません。
親からしてみれば、「いまのうちに良い歯並びに矯正しよう」という気持ちも、すごくよくわかります。
顎の成長も、ある一定の年齢を越してしまった場合は、コントロールが難しくなるようです。
その分、子どもの頃に矯正することは、とても合理的なものだと感じます。
子どもが嫌がる、「歯を抜く」ということをする必要がなくなるというのも、小児矯正のいいところだと思います。

http://voodoocourt.com/voo/