エアコンのクリーニングはプロに任せよう

最近のエアコンは、夏は冷房、冬は暖房で使うことが多いです。
毎日使い便利ですが、ついつい何もせずに使い続けてしまいます。
精密機器なので定期的なメンテナンスが必要になります。
特に埃と水分に関わりやすく、蓄積しやすいので注意が要ります。
その水分と誇りは固まりこびりつき、細菌やカビの温床となるでしょう。
そのまま放置していると空調効率が悪くなります。
暖房冷房装置に溜まれば温度調整の効率が下がります。
送風部分に溜まれば送風機能が低下します。
一番問題なのが繁殖した細菌やカビを撒き散らすことでしょう。
変なにおいがするのはもちろん、細菌やカビはアレルギーやその他色々な病気の原因ともなります。
埃を機器へ入れないためのフィルターの洗浄くらいは個人でもできます。
見える送風ファンくらいなら取り除けるかもしれません。
外装の汚れや上部に埃がたまらないように掃除することも可能です。
しかし中に侵入してしまった水分と誇りは素人では除去ができません。
暖房装置や冷房装置部分は特に繊細で曲げたり傷をつけたりすると故障の原因ともなります。
他の機械や機器でもそうですが、深度の点検や清掃はプロに任せるのが最良です。
なのでエアコンのクリーニングもプロに任せるのが一番です。
環境にもよりますがプロへは2~3年に一度くらいでも良いとされてます。
詳しくはこちら

http://voodoocourt.com/voo/