合同会社の設立はメリットもありデメリットもあり

以前は「株式会社」の設立をするには、一定額の資本金が必要でしたが、現在ではしその資本金は各段に下がり、1円単位で設立することができるようになりました。
そんな中、平成18年に新しく会社法で設定をされたのが、「合同会社」という新しい形態です。
「合同会社」というのは、出資者全員が間接有限責任社員によって設立される会社形態のことをいいます。
この「合同会社」の設立にはメリット、デメリットがさまざまあります。
メリットとしては決算報告の義務がない、一人でも設立が可能、設立時の登録免許税が割安という点があげられます。
デメリットとしては社長の肩書が「代表取締役社長」ではなく「社員代表」となる、取引先によっては取引ができない場合があるなどがあげられます。
その点をよく理解して設立をしなければなりません。
合同会社設立を格安料金で完全サポート/合同会社設立PRO

http://voodoocourt.com/voo/