歯周病は歯磨きがきちんと出来ていない時になりやすい

歯磨きしたつもりで出来ていない時になりやすいのと言われている歯周病ですが、歯周病にかかっている人は日本人の成人の約80%にも上るそうです。
普通の歯磨き粉には発泡剤や香料が入っていて、少し磨くだけで歯磨き粉が泡立ったり、歯磨きをした後に清涼感があることで、きちんと歯磨きが出来ていると思ってしまう人が多いようです。
でも、きちんと磨けているようで磨けていないということが多くて歯周病になってしまうことがあるそうです。
歯周病にならない為に、歯周病用の歯磨き粉を使う人もいるかと思いますが、中には歯磨き粉の味が気になったりする人もいて長続きしない場合があるようです。
そういう人には、発泡剤や香料が配合されていない歯磨き粉を使って歯磨きをすることで、歯磨きがきちんと出来ていると錯覚しないで、きちんと歯を磨けるようになるそうです。
誰でもかかる可能性の高い歯周病ですが、歯磨きすることで防げるのなら、しっかり歯磨きをして歯周病にかからないように気をつけたいですね。

http://voodoocourt.com/voo/