特殊な技法で歯を残す、「用賀デンタルオフィス」の技術力

例えば何かしらの理由で歯が頭から折れ、歯根だけが残ってしまったという場合、たいていは抜歯を勧められます。
しかし、なるべく歯は残したい、インプラントやブリッジは費用が心配、という方も当然いるでしょう。
そういった方におすすめしたいのが、東京都世田谷区にある歯科医院、「用賀デンタルオフィス」です。

用賀駅から徒歩一分の当院では、自身の歯根を保存、活用し、オールセラミッククラウンなどのかぶせ物をする「エクストルージョン法」を実施しています。
まず、かぶせ物ができる歯には「歯肉の縁から1mm以上歯質が出ていること」という絶対条件があります。
足りない場合はこの条件を満たすために、ゴム製のフックを用いて少しずつ歯根を引っ張り出し、そこにファイバーコアポストという支台を立てることで、しっかりと補強をしつつ、かぶせ物をすることができるという方法がエクストルージョン法です。

最先端の治療ができるかどうかというのは、歯医者を選ぶうえで大事な基準となってきます。
時代によって変わっていく患者側のニーズに合わせ、新しい技術をどんどん取り入れることができるところは、当院の大きな強みといえるでしょう。
興味のある方は、用賀デンタルオフィスの公式ホームページへアクセスし、どのような治療が行われているのか確かめてみてください。

http://voodoocourt.com/voo/