ソーシャルメディアへの情報漏洩もWebセキュリティの導入で防ぐことができます

インターネットが発達している現在の日本社会で企業が頭を悩ませているのがインターネットを経由しての情報漏洩です。
インターネットを通じての情報漏洩が企業に損害を与える場合もあります。
実際に、あるスマートフォンの新機種の発売の際には、社員がその発売前にソーシャルメディアに情報をリークしたために、インターネットでたちまちそれが話題となってしまったこともあります。
もっと深刻なケースでは、ブルーレイやDVDのコピー防止機能を果たしているキーや、ホテルに泊まった芸能人やスポーツ選手のスキャンダルがソーシャルメディアを通じてインターネットに流出した例もみられます。
このような流出は、いずれも会社の従業員のソーシャルメディアへの書き込みによって引き起こされたものです。
このような従業員によるインターネットへの情報流出を防ぐには、Webセキュリティを導入するのが有効な方法です。
最新鋭のWebセキュリティでは、従業員によるソーシャルメディアへの書き込みや、ファイルなどのアップデートを防ぐことが可能ですので、発売前の製品の情報など、漏れては困る情報の漏洩をブロックできます。
また、このようなセキュリティを導入していれば、従業員のソーシャルメディアへの書き込みを管理者がチェックすることも可能です。

http://voodoocourt.com/voo/