弔意のマナーと送りたい弔電

親しい間柄の方や、その親族がお亡くなりになった時には通夜や葬儀に出向くのはマナーですが、どうしても出席できない場合があります。
そんなときには、弔電を送ることが一般的です。
この弔電というものは、どのような意味があるかというと、故人に対しての弔意を表す物です。
弔電を送ればそれで良いというものではなく、送る際にもマナーといったものが存在します。
送るタイミングですが、早ければ早いほど良いものです。
どんなに遅くても、葬儀が始まる数時間前には届くようにするべきです。
これは、葬儀で弔電を読みあげるのが通常でもあります。
また、早く送ることによって、故人や遺族に自分のお悔やみの気持ちが伝わるものです。
近年では、様々な弔電が用意されており、押し花入りや花の刺繍が入った物などがあります。
文字だけではなく、自分の気持ちを表現するには、やはり様々な趣向を凝らした物を選んで送りたいものです。
→関連ウェブサイト←

http://voodoocourt.com/voo/