三条市の不動産はお手ごろ価格だ。

新潟県の三条市は「金物の街」といわれていて、隣は燕市と言って洋食器の町だ。
それぞれの特産品は輸出がメインで円高には泣かされている。
市街地を30分ほだは知ると当たりは一面田んぼに囲まれている。
やはり他県の人にとっては新潟といえば「コシヒカリ」なのかもしれない。
其の三条の不動産といえば、一戸建ての売買が狩猟だと思う、東京のように不動産の価格が高い所とは違ってお手ごろ価格の不動産の物件が目白押しだ。
例えば農家の次男坊が一戸建てを建てようと思ったら、親から田んぼを貰って地目変更も出来る。
そこに一戸建てをたてることが出来る。
東京で不動産を探すのとは訳が違う、それに、同じお金をかけようと思えば、圧倒的に惨状のほうが良い一戸建てが出来るだろう。

http://voodoocourt.com/voo/